Menu

アフィリエイトで広告収入を得るのは最近難しくなっている?

▶️アフィリエイトで成功をしている人はほんの一握り?

アフィリエイトは手軽にネットを通して収入が得られる方法として有名です。
ただし最近では広告収入を得るのが難しくなって来ました。

ひと昔前は確かに比較的簡単にアフィリエイトで収入が得られ、立派なネット副業になりました。
主婦や学生、普通のサラリーマンが仕事の合間に作業するだけで、高い収益が得られたため、アルバイトやパートよりも良いサイドビジネスだったのです。

アフィリエイトで生計を立てる人々もいており、ブログを通して一般の会社員並の年収を得る人々もいらっしゃいました。
自分の好きな時間帯に、好きなタイミングにブログやホームページを更新するだけで安定した利益が得られ、他の副業とは違い初期投資や専門的なスキルが不要だったため、一時期はかなりの人気を集めました。

ところが近年では対照的にアフィリエイトで安定的な高収益を出すのがかなり厳しいです。
むしろ成功を続けている人々は全体のほんの一握りです。

大多数の人々が苦戦を強いられており、以前は高い利益を毎月出していた方も、今現在は利益が激減し、ブログの更新をやめてしまったり、ホームページの閉鎖を検討している事が多くなりました。

▶️アフィリエイトでの収入が減ってきている理由について

広告収入がなぜ以前よりも減って来ているのでしょうか。
その理由は様々ですが、先ず挙げられるのがブログやホームページの増加です。

ひと昔前はアマチュアのユーザーがブログやホームページを立ち上げている事自体が珍しいものでした。
そのため、日々の出来事を淡々と投稿するだけでも安定したアクセス数が得られました。
自分の好きな本や今日行った観光スポットの写真などをアップするだけでも多くのアクセス数が得られ、それが広告収入を生みました。

ところが近年ではネット上のサイト数が激増しており、趣味でブログを投稿する人々に加えて広告収入で生計を立てようとするプロ志望者も増加中です。
企業のホームページ数も増加して来ており、数が増えた事でアクセス数が分散していき、以前の様に普通の内容を毎日投稿するだけでは、安定したページビュー数が確保出来なくなって来ました。

見る側のユーザーの目が厳しくなってきた、という点もあります。

ブログやネット検索がまだ世間的に珍しい時代だと、アマチュアのユーザーが本や家電のレビューを投稿している事自体も大変珍しいものでした。
ところが最近ではそういった情報源はネット上に溢れており、わざわざ特定の個人のブログやホームページに毎日アクセスして、感想を見る必要が無くなって来ているのです。

▶️アマチュアのユーザーが趣味の延長線で運営しているサイトは苦戦傾向にある

ブログの記事を個人が頑張って工夫を凝らしても、見る側の目が厳しいため、アクセス数を安定させる事が難しくなり、ITやネットの文化に精通している多数のライバルブログやプロに近いアフィリエイトブログが多数登場した結果、アマチュアのユーザーが趣味の延長線で運営しているサイトは苦戦を強いられています。

かつてネットが市民生活に根付き始めたところは、ネット上に広告が出ている事が新鮮でした。
そのため閲覧者の多くが自然とバナー広告を見つけた時、それをマウスクリックしてくれました。

ところが時代が進歩し、今ではポータルサイトやSNSやネット掲示板やコミュニティサイト、動画投稿サイト等、多種多様なところにバナー広告が多数掲載されるようになり、新鮮味が薄れて来ました。

バナー広告がありふれた存在になったため、以前の様に興味があれば押すというユーザーは減って来ており、むしろ広告を表示させたくないと感じる人々も増えつつあります。アフィリエイトの広告をブラウザが自動的にブロックする

機能があったり、特別な広告ブロックのアドオンをユーザー側が追加しており、そもそもバナー画像が表示されない、クリックされない事態が発生して来ており、この傾向は今後も加速していくものと思われます。